複数クラウドストレージ統合管理サービス「AnyTrans for Cloud」の速度を測ってみた

今回は複数のクラウドストレージをまとめて管理出来る「AnyTrans for Cloud」を試してみました。

前日「AnyTrans for Cloud」の会社の方から、ぜひこのアプリを試してほしいと要望があったので、試すついでに速度を測定してみました。ちなみに後述の高速伝送を除き、無料で利用出来ます。

アカウントの作成

  1. まず、公式サイトからアカウントを作成します。→ https://cloud.imobie.com/

2. 「今すぐ登録」からメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。 

3. この画面が表示されれば完了です。「サインイン」を押してログイン画面に進みます。

4. 先程作成したメールアドレスとパスワードでログインします。

クラウドストレージの追加

  1. この画面が表示されたらクラウドストレージを追加していきます。現段階では以下の7つのストレージに対応しているようです。

2. 試しにpCloudをクリックしてログインしてみます。

 

3. pCloudのメールアドレスとパスワードでログインし、「Allow」をクリックします。

 

4. これで追加が完了しました。続いてDropBoxを接続してみます。

 

5. 先程と同様にDropBoxのアカウントでログインします。

 

 

6. 「許可」をクリックします。

 

7. これで2つのクラウドストレージが登録されました。

ファイルのアップロード・ダウンロード速度

試しにDropBoxへファイルの追加とダウンロードを行ってみました。URLを見る限り、直接DropBoxへダウンロード・アップロードを行っているようです。直接DropBoxを操作する時と比べて若干速度が落ちるようです。

(赤いグラフがアップロード速度(上り)を示し、緑のグラフがダウンロード速度を示しています。また、横軸が時間、縦軸が転送速度となっており、あまりグラフが上下していないと、安定しているということになります。)

DropBoxや他のクラウドストレージの速度は別記事で比較していますので、ぜひこちらも御覧ください。

無料のオンラインストレージを転送速度で比較してみた2018 (随時更新)

クラウドストレージ間転送の速度

さて、せっかく複数のクラウドストレージを追加出来るので、他のストレージへのコピーを試してみました。

  1. 転送したいファイルの下部もしくは右上の「クラウドへ同期」を選択します。

2. すごくお金の匂いがする画面が出てきますw。一番左が有料の高速転送、中央が無料の一般転送、右が自分のパソコンに一旦ファイルをダウンロードして、それをアップロードする転送方法のようです。とりあえず中央の転送方法を選択します。

3. 右上の同期リストから進行状況を確認出来ます。

4. 250MBのファイルをDropBoxからpCloudへ転送したところ、7分16秒かかりました。平均すると570 KB/sぐらいですね・・・。あまり速度は出ないようです。5. 新規登録してしばらくの間は、有料の高速転送がお試し出来るので試してみます。

6. 先程と同様に、250MBのファイルをDropBoxからpCloudへ転送すると、1分41秒かかりました。平均すると約2.4MB/sぐらいですね。お金の力すごい( ゚д゚)7. ちなみに逆方向(pCloudからDropBox)へ高速モードで転送したところ、1分27秒かかりました。約2.8 MB/sですね。

まとめ

モード 時間 平均速度
無料転送 7分16秒 570 KB/s
高速転送 1分41秒 2.4 MB/s

以上、クラウドストレージ管理サービスの紹介をしてみましたがいかがでしたでしょうか?

もう少し速度を上げてほしいですね。(*´ω`*)