SysightとSwipemintの使い方

先日紹介したSysightの使い方をご紹介します。(^^)

SysightはURLスキームといって、safariなどのブラウザから起動します


例えば、safariのURL欄に「sysight://free」と打って開くとSysightが起動し、メモリ解放を行います。

URLスキーム一覧はこちらのサイトを御覧ください→URLスキーム

使い方はこれだけなのですが、メモリ解放のためにいちいちブラウザを立ち上げでURLを打つ、あるいはブックマークを開くのは面倒です。

そこでそれらを簡単にするのが「Swipemint」です

swipemint

 

広告を気にしなければ無料で使用できます。

さっそく使い方を見て行きましょう

 

起動すると上の画像はすでにいろいろ設定済みですが、こんな感じの画面が出ると思います

右上のiボタンを押して設定を開きます

 

すると設定画面が開きます。

あとは上の段に名前、下の段にURLスキームを「Swipe Up」「Swipe Left」「Swipe Right」「Swipe Down」それぞれ設定します。

設定が終わったら左上のiボタンを押して戻ります。

では早速使ってみましょう。

中央の矢印をタップし、使いたい機能の方にスワイプ(タッチしたままスライド)します。

するとSysightが立ち上がり指定したURLスキームの動作をします

おおお!!(((((((( ;゚Д゚))))))))

これは簡単!!